読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

【会社を辞めて分かったこと】どうして会社を辞めたのか。

6年ぶり2度目の退職

「未経験からプログラマーになった話」が完結する前に、プログラマー生活が完結してしまった。

ついに、やっと、晴れて自由の身であるよ!!

ツライ毎日から、拙者逃亡したのである。

もう、あのスパゲッティ(コード)を喰うことも!

PHPのバージョンが低すぎて泣く、ということも!

クライアントの無茶な要求&理不尽な値切り交渉に応じることもない!!

退職には大きく分けて2種類ある

自己都合でやめるか、会社の都合でやめるか、だ。

退職には大きく分けて2種類ある(ドヤッ)という見出しのわりに拍子抜けしたことだろう。

僕が前の会社を辞めたときも、今回も自己都合で辞めている。

自己都合と会社都合の違いは何か?と問われれば、まぁ、我々一般人が気になるのは「失業保険」であるよな。

これについては、このブログでもさんざっぱら書いてきたので今更書かない。

それよりも、前回の退職と、今回の退職での違いを書いていこう。

どうしてこうなった。

では、早速ご覧あれ。

前回 今回
退職時の
年齢
28 33
次の就職先 なし なし
貯金 あり(3桁万超) あり(3桁万超)
辞めたときの
爽快感
辞めた理由 組織にいて人間不信になった。
手に職をつけることをしたくなった。
業務内容と給料のつり合いが取れていないように感じる。
慢性的な人材不足で
1人当たりの業務分担、負担割合に偏りがある。

こうして表にして眺めてみると、なぜやめたか、ということについては明確な違いがある。

前回の退職時には、「手に職をつける」ということで、とても前向きな目的があった。

ところが今回はどうだろう?

業務に対する不満ばかりで、未来に対する希望、計画性などはまったくない!!

ドロップアウトに近い辞め方。

もちろん、次の転職先など決めてあるわけすらない。

人材会社の人からしたら、0点どころか、マイナス100点をつけられてもおかしくはないだろう。

会社のことは好きです。

そうなんだよね、前の会社の時と違って、会社の中の人は全然嫌いじゃなくて。

ただ、業務的にどうなんだろう?

五年前に描いていた自分と、今の自分を比べてみて、少しずつでも近づいていたか?

そう考えたら、明らかに違う。

そりゃね、人生なんでもかんでも思い通りにいくワケない。そんなの知ってるよ。

伊達に30年生きてない。(まぁ、基本的な社会常識知らないことも多いけど。)

だけど、このまま続けて、例えばだけど、もっといい生活ができるのか?って言ったらそうは思えなかった。

金銭的な意味ではなく、充実した生活ができんのか?って考えても・・・。

今の生活が、さらに5年、10年続いていくことのほうが不安だ。

ch-mage.hatenadiary.jp

この1年くらい上で書いたことがずーっとモヤモヤしてたんじゃないか。

そこへ来て、これ。

ch-mage.hatenadiary.jp

ね、そういうことだよね。

真似をしてはいけない。

衝動的に辞めたわけど、まぁ褒められたもんではないからね。

そもそも、褒められる辞め方ってのがあるのかは謎だけど。

ただ、後悔はしてない。

不安?もちろんあるよ、先行き不透明だもん。

でも、とりあえず心配するのは、そう・・・

お金の問題だけ。

さて、これからについて。

どうする?どうした?と、いうようなことも、逐一報告していく予定です。

予定なので、ほぼ未定ですが。

独身・無職者のリアル (扶桑社新書)

独身・無職者のリアル (扶桑社新書)