読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

6、7時間目:まさかの卒検コースが覚えられない。 ~ 大型バイクの免許取るよ!身長160センチないけど。

バイク 三十路の手習い 大型自動二輪

■今日から2段階。

1段階につけていた赤のゼッケンから、2段階の黄色いゼッケンにかわった。

今のところ、ストレートで教習は進んでいる。

この調子で卒業まで進みたいものだなぁ。アハハハハ。

さて、2段階の1時間目はというと・・・

卒業検定用のコース試走。

試走とはいうものの、まだやっていない、大型二輪での急ブレーキ操作(急制動)や、波状路は含まれない。

僕が通ったカントーモータースクールでは、1段階が終わった時点で卒検コースを覚えてきなさいという指令が出る。

確か普通自動二輪免許とったときもそうだったと思う。

ch-mage.hatenadiary.jp

えらそうにこんな記事を書いている自分。

もちろん、今回もばっちり覚えて・・・なかった。

これがぜんぜんダメでさぁ。

もう、油断しちゃってたワケよ。去年できたから、大型でも余裕だべ?っつって。

余裕ぶっこいてたら覚えられず。

あ、でも普通自動二輪のときのように、コース図をコピーして、課題をひとつずつ洗い出していくことはやったよ。

photo by christophe masse

■あたま真っ白、顔面まっさお。

さて、2段階に入って最初の2時間は、二つある卒検コースをそれぞれ走る。
これも、普通自動二輪のときと同じ。

じゃあ何が違うんだ?普通自動二輪大型二輪の卒検コース、そして課題は。

それは、

の3つ。

時速40kmからの急ブレーキ課題、いわゆる急制動は共通です。

そう、たった3つ。

しかも、課題は普通自動二輪から1箇所増えただけなのに、めっちゃ混乱しちゃってさぁ。

■パニックになった原因。

コースが覚えられなかった原因、冷静に考えると、急制動の加速ラインと、波状路課題が同一車線上に並べてあったからだと思う。

↑これ、伝わってるか不安なんだけど。

急制動をするときは、波状路課題(もちろん、誰もいないのを確認してから)の横を加速して走り、その一方で波状路急制動課題と順番交代で走っていた。

で、どちらかの課題を終えたとき、同じ方向、同じ車線を走っているもんだから、「あれ?今終えたのって、波状路だっけ?急制動だっけ?」とわからなくなることが何回かあった。

うむ、アホすぎるな、ワシ。

でも、コースによっては、波状路の次が急制動課題、ってこともあり、ますます混乱。

そんなバカな。普通自動二輪のときは、あんなに覚えられたのに!!

己に脳みそが入っているのかが疑わしくなった。

photo by nyoin

普通自動二輪の卒検コースとの違い。

いやいや、ちょっと待て、落ち着け。

こんなに覚えられないのはおかしい。

きっと、普通自動二輪のときと、コースが違って複雑になってるんだろう。

なんてことが一瞬頭を過ぎったが、さっきも書いたように、課題的には「波状路」一箇所増えただけ。

しかも、コースの一番最初に波状路が設けられている。

卒検コースは2種類あったんだけど、どちらのコースも一番最初に波状路が設定されていた。

そして、そのあとのコースは、普通自動二輪と同じ順番だった。

・・・。

一番最初の波状路普通自動二輪のコース。

たったこれだけなのに、覚えられない・・・。

・・・ダメジャン・・・。

■やっててよかった洗い出し

波状路急制動(の順番)に頭を悩ませつつも、コース図から課題、そして進路変更をする箇所を洗い出す作業はやっててよかった。

なぜなら、脳内で何度も教習所を走る、いわゆるイメトレに役に立ったからだ。

惜しむらくは、脳内でのコース走破率は3割くらいだったこと。←え?

だけども・・・*1コースを間違えたあとに、「あっ!間違えた!」と気づくことができ、その後の立て直しに「うーん。」と悩むことはなかった。

どこで間違えたか分かるレベルにはなっていた。

以前書いたかも知れないけれど、教習所で卒業検定を受けるとき、たしかコース間違いは減点対象にならないそうだ。

間違えたら、指導員の指示に従って正しいコースに復帰すればいい。

ただ、元の検定コースに戻るまでも検定の対象になってしまうため、たとえば復帰走行中に進路変更の合図出し忘れがあると、減点されることもある。

「検定の時間が長くなると、それだけ不利になってしまうので、やはり卒検コースはしっかり覚えたいところですな。」

ということを、教官から言われた。

6時間目も7時間目も、なんとか走りきり、無事にはんこをもらう。

しかし・・・うぅぅ、こりゃいかん、早くコースを覚えねば・・・だが、気持ちばかりが前にいき、ちっともコースが頭に入らない。

結局、卒検までに、2つあるコースでそれぞれ1回ずつしかちゃんと走ることが出来なかった。


次回:なぜかうまい波状路、に続く。

*1:脳内教習で