読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

【踊りません】インド映画の歴史を変える?ゾンビ映画爆誕!インド・オブ・ザ・デッド!!

観に行った

■踊らないし、あまり怖くはない、それでいてちょっとグロい。

この、桃屋の「辛そうで辛くない、少し辛いラー油」みたいな感じの見出しはなんだ、いったい。


○○・オブ・ザ・デッド。

そう聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

サービスゲームズジャパン・・・、セーガー♪なら、「ハウス・オブ・ザ・デッド」

ガチのゾンビ映画好きなら、ドーン・オブ・ザ・デッド

エドガー・ライト好きなら、ショーン・オブ・ザ・デッド

バナナマン、日村勇樹出演の映画は、新撰組・オブ・ザ・デッド」

○○・オブ・ザ・デッド・・・いずれも、ゾンビ作品ですね。

そして、インド映画、と聞いて、あなたは何を想像しますか?

華やかで、女優さんがきれいで、そして何よりも、「踊る」のがインド映画だと、

そう思っていませんか?

■インド・オブ・ザ・デッドと聞いて思い浮かべるのは・・・?

何事も「経験から学ぶ」のは大事なことですな。

インド・オブ・ザ・デッドという響きを受け取って、先ほど書いたこと、経験則で導き出す答えはこうではないだろうか。

「ゾンビが、踊りまくる・・・?」

つまりは、こういうことだ。


Golimaar...Shoot the Bullet !! - YouTube

KING OF P○P と呼ばれたアーティストがこんな歌をリリースしていただろう?

ゴリマァァァアアアルルル・・・・!!!!!!!*1

君が思い浮かべたその答えは、0.5%くらい正しいが、99.5%間違っている。

確かにゾンビはたくさん出てくる。

が、踊らない。

むしろ、集団で襲ってくる。

動きだって、世界標準のゾンビと何ら遜色ない。

噛まれたら最後、お決まりのゾンビ化だってしちゃう。

そんな、従来のインド映画に対するイメージをガラリと変える映画を観てきたよ!

こんなに劇場内に笑いがあふれるゾンビ映画、あったんだろうか?ってくらい笑ったし、爆笑の渦に包みこまれた、劇場内の一体感がすごかったぜ!

■きっと、うまくいかねぇ。

f:id:ch_mage:20150327032923j:plain

この映画の主人公は、ラヴとハルディク、そして二人と一緒に住む、バニーの仲良し(?)三人組。

あるとき、ラヴは失恋、ハルディクは失業し、二人とも心(身)にダメージを負う。

そんなとき、バニーが社内プレゼンのために、ゴアに行くという。

ゴアといえば、インド有数のリゾート地。

ハルディクは、失恋をいやすために、ゴアに行こうとラヴを誘い、バニーに便乗・・・正確には、二人のゴア行きに、バニーが巻き込まれるところから始まる・・・。

そして、ゴアで出会った激マブい女の子、ルナに、離れ小島で行われる、

レイヴパーティーに誘われるのだが・・・

おーっと、ここから先は劇場で確かめてほしいが、ヒントを出そう。

バタリアン5」だ。

・・・。

って、あ、公式サイトにそこまでの流れが書いてあったわ。てへ。

■ジャンルは、ゾンビ・・・ゾンビ・コメディ!?

ホラーではない。

ゾンビ・コメディだ!

ゾンビ出てくるよ、はらわた、食い散らかすよ!!

でも、ジャンルはゾンビ・コメディだ!!

ゾンビとの遭遇、パニックシーンと、ゾンビがいないときのセーフティなシーン?

との温度差はなかなかすごい。

さっきまでゾンビに襲われていてパニック!!

だったのに、数分後には、出会ったゾンビについて、「昨日まではいい女だった」とか、「(ゾンビと関係を持った)お前がゾンビ化しないか確かめるから、九九を言え」みたいなやり取りがあったり。

その温度差と、ユーモアのセンス(そして字幕の翻訳センス)に、劇場が笑いの渦に包まれます。


映画『インド・オブ・ザ・デッド』劇場予告編 - YouTube

予告編以外にも書きたいこといっぱいあるんだよ!

女ゾンビとの追いかけっこが、BGMのせいで、まるで恋人同士みたいに見えたり*2、ロケットランチャーでゾンビぶっ飛ばしたり*3

劇場でぜひ確認してほしい!!

映像技術的なこと書くと、ストップモーションを使った演出とか、スローモーションで弾道(CG)を描いてみたりとか。

こないだ書いたけど、ちょっとだけホットファズも思い出したよ。

f:id:ch_mage:20150327032844j:plain

↑調子に乗って作られたTシャツらしいよ!それを調子に乗って買っちゃったよ!

おそらく、インド・オブ・ザ・デッドの監督、ラージ・ニディモール&クリシュナ・DKは、エドガー・ライトの「ショーン・オブ・ザ・デッド」も参考にしてるんじゃないかな。

途中で、「ゾンビの真似したらやり過ごせるんじゃね?」とラヴが言い出すシーンなんかは、まさに「ショーン・オブ・ザ・デッド」。

結局バレちゃうあたりなんかもね。

■耳から離れない、劇中の音楽。

あとね、劇中の曲がなかなか良かったんだよね。

レイブ・パーティーのシーンで使われるダブ、ゾンビバトルシーンでの曲、あとはオープニングのBGM。

特に、主人公たちがゴアに向かう途中でかかる、「ババジキブーティ」ってのが、耳からはなれないんだよ!!

■東京での上映は今日(3/27)が最後ですよ!!

凱旋があるか分からないし、見たいとなったら、もう大阪(4月公開)に行くしかありません!!

配給のオデッサ・エンタテイメントさんは、公式twitter*4でも公言?しているように、今回が初めての配給だとか!!

凱旋上映もあるか分からないし。

twitter.com

はじめてのチュウ(2006ver.)

はじめてのチュウ(2006ver.)

はじめてのハイキュウ・・・。

東京最終日の今日、僕は仕事で観に行けないけども、チケットを手に入れられたみなさん、楽しんできてください!

そして、ソフト化希望!!なんなら署名しよう!

◇追記:4月4日より、新宿でも上映決定!

でも、またも1週間限定、レイトショウだぜ!観に行く人は要チェックだぜ!

*1:あれ、なんか違う・・・?

*2:場内爆笑

*3:場内爆笑!!

*4:これがまた面白い!!