読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

もうやだ、家出たい

ライフ八苦 三十路の手習い

34歳にもなってwww

なんつーかね、妹の彼氏?が泊りに来るんですよ。

妹も、まぁいい歳ですわ。そろそろ身を固めていいと思います、というかそうしてください。*1

これまで浮いた話の一つもなかった妹に、彼氏ができたのは、まぁ、よかったよかった。

よかったね、と。

でも、そこから先、具体的にどうするのか聞いてません。

というか、結婚するとも、しないとも、まだ言われてません。

妹の彼氏の顔は知ってますよ?でも、なんつーか、なんだろうな、俺、舐められてるのかな。


現在のおうち(マンション)は、親が残してくれたもので、名義は妹、光熱費や管理費は僕が払っています。

そこで、妹とペットのチワワ、2人と1匹で暮らしてます。

なぜ、家の名義が妹なのかというと、横浜に家があるほうが、妹の夢?*2の実現にもよかろうと思ってのこと。

親父がこの世を去ってから今年で10年目。お袋は4年目。

しかし…妹の夢はかなうどころか、何やってんのか全くわからん状態なんですよ。

現状、僕は失業中で、フラっとしていて、世間様から見たら、「あら、34歳にもなって…」と思われるような状態。

ただ、無職は無職でいろいろとやることあったりするんですよ。

そこへ、相談もなしに、いきなり「彼氏泊めるから」といわれても、正直「はぁ?」としか思わないんですよね…。

あぁ、めんどくさい…家にいるのが嫌になってきた…。

年内は休息期間にしようと思ってたけど、家出るためだけに就職活動しようかな。

もう、妹の顔も見たくなくなってきた。

というか、万一妹の結婚式があっても出席しないだろうなぁ…。

そんな低いテンションで10月を迎えました、ちょんハリ師匠です。

現場からは以上です。

*1:ひとまず自分のことは棚上げ

*2:詳しくは書かないけど、今女性に人気のアレの教室を開きたいらしい