読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

「拳銃と目玉焼」DVD化記念試写会に潜入失敗した話。(前篇)

観に行った 買ったもの ○○・オブ・ザ・イヤー

■ちょうど一年前にあの映画を観た夜。

ん?虎舞竜かな?違うね。

しかも、丁度一年じゃないね。10か月くらい前だったね。

僕はとある映画を観に、横浜ブルク13にいそいそと出かけていきました。

その映画とは・・・そう、「拳銃と目玉焼」です!

あまりに映画が面白く、これはみんなにシェアしなくては!という衝動にかられて記事をポストしました。

うむ、一年前といえば、まだまだ、おもしろおかしいことを書けるスキルもなく・・・。

・・・うん、それは今もだけど。

おそるおそる、昔の記事を読み返してみたところ・・・あれ、意外とよく書けてた(笑)

「拳銃と目玉焼」の簡単なあらすじと、ちょっとしたネタバレを書いてありますので、お時間がありましたらどうぞ。

ch-mage.hatenadiary.jp

ch-mage.hatenadiary.jp

■潜入!拳銃と目玉焼DVDリリース&レンタル開始記念試写会!

一年前、あまりの面白さに記事を書いたとき、映画はレイトショー限定で上映、しかもソフト化されるかどうかも分からなかった。

でも、その後、監督の頑張り、そしてこの映画の面白さに気づいた幸運な人々の後押しもあって、9月2日に、DVDリリース、そしてレンタルが開始されました!

いやぁ、もうこれ、自分のことのようにうれしい。

こんなに面白い作品、誰かに観てもらわなきゃダメだよ、と思っていたので。

そして、9月5日には、原宿CAPSULEさんでDVDリリース&レンタル化記念の試写会が行われたのでした!

参加者40名募集というなかで、わたくし「ちょんまげハリウッド」もこっそり、滑り込みで応募しましたよ。

ありがたいことに、参加OKのメールを受け取りました。

前日の夜は、バクがドキドキ・・・土器がバクバク・・?

photo by scorche

↑バク。

あ、胸がドキドキバクバクで寝れないかと思いきや、単純に仕事が終わらず、家に帰りついたのはなんと当日、5日の正午過ぎ。(途中2時間くらいサボってたけど)

体調は最悪でしたが、1年ぶりの「拳銃と目玉焼」を観れる、ということで興奮状態で原宿に向かったのでした。

ファンの一人として、しっかりこっそり、このめでたい日を楽しむぜ!と鼻息を荒くしながら。

f:id:ch_mage:20150905160213j:plain

■スネーク、会場に潜入開始。

開場が16時ということもあり、ちょっと早めにつく計算で会場に向かっていたら、30分近く早くついてしまった・・・。

む、むむ・・どうしよう、着いちゃったけど・・・そこらのコンビニで時間をつぶそうかな?

などと思っていたら、会場から一人の男性が電話を片手に出てくる。

どっかで見たような・・あれ、もしかして、「拳銃と目玉焼」で主人公、志郎を演じていた小野孝弘さん?

いやいや、まさかな・・・こんな普通に出てくるわけないよな?と思っていたら、続いて出てきたのは・・・

くまさんのようなお髭のミスター。・・・あ、この人、安田監督だ!絶対そうだ。

そして、そのあとから、スカイブルーのノースリーブに身を包n・・・沙倉ゆうのさんじゃないか!!

スクリーンで見るよりもさらに可愛くて、出てきた瞬間、彼女の周りだけスローモーションで見えた気がしたんだゼ・・。

・・・走馬燈でなくて本当に良かった。

そして、映画に関わったお三方があまりに普通に出てこられたので、びっくりするを超えて拍子抜けしたことも付け加えておくよ。

一人そわそわしていると、

安田監督「良かったら、中入って待っててください。・・・あれ?もしかしてちょんまげハリウッドさんですか?」

バレた。

いや、・・・バレてた?

ひげを生やして、監督のコスプレをしていた(大嘘)からバレたのか!?

photo by sushi the great

監督「びっくりしたでしょ、フツーのおっちゃんと、フツーの女の子で」

ちょんハリ「い、いえいえ(あうあう)」

ちゃんと日本語が喋れていたか心配である。

開場までの時間、まだ人が少なかったこともあって、主演の小野孝弘さんと、沙倉ゆうのさんと一緒に写真を撮ってもらっちゃったり。

そして、シャッターを押してくださるのは、まさかの安田監督。

しかも、監督のカメラで撮ってもらってるなんて・・・。

こんなことになるとは予想もしてなかったよ。

・・・そして、こんなに至れり尽くせりしてもらってよいのだろうか・・・!?

僕がよく見させてもらうブログの管理人さな〜ちょ (id:riche0369)さんから「(安田監督は)謙虚で素直な方」とコメントをもらったことを思い出した。 本当に、謙虚で、しかも気さくな方で、こんな僕にも丁寧に接してくださって、それにも感激。

■上映開始まであと15分。

会場内は徐々に人で埋まりつつあり、そして上映数分前にはほぼ満席となった。

パッと見た感じ、40代くらいの男性が多いみたい。

自分もおっさんではあるが、まだまだ初心運転期間の部類と分かり、少し安心(何が?)

20代と思える若者もちらほらいて、彼らの会話を盗み聞き・・・もとい、耳元まで勝手に届いてきた情報によれば、ネットで話題になってるから見に来たのだとか。

ほほぅ。やっぱりネットって捨てたもんじゃないですな。

このブログも、そんな大海の一滴以下にしか過ぎませんが、塩分濃度は多少濃いめなので、何かの役に立ててたらいいな、とか思ったりなんかしちゃったり、なんともはや、調子のいいちょんハリ師匠だことで!(C)広川太一郎

■さぁ、1年ぶりの「拳銃と目玉焼」ですよ!

劇場内の照明が落ちて、まずは、安田監督の次回作、「ごはん」の予告編が流れます。(公開されたら絶対観に行く)

そして、ついに!ようやく!待ちわびた!待ちくたびれる前でよかった!その瞬間を迎えたわけです!

拳銃と目玉焼の本編が始まります・・・。

っと、長くなりすぎたので、まさかのここで一回切ります。

拳銃と目玉焼 [DVD]

拳銃と目玉焼 [DVD]

全国のTSUTAYA、ゲオさんでレンタル中なので、ぜひぜひ見てください!


恋するフォーチュンクッキー拳銃と目玉焼 Ver.AKB48[めざせ公式] - YouTube

↑静止画状態ですでに可愛いミラクル。


「拳銃と目玉焼」劇場公開用予告編 - YouTube