読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

The Spandettesを観に、ビルボードライブ東京へ行ってきたよ!

クラブ 観に行った

■人はそれを「小並感」と呼ぶ。

ビルボードライブ東京にThe Spandettesのライブを観に行きましたよ!

当日は、仕事もそこそこに、そこそこっつーか、朝からほとんど身が入らなかったし、片付いてないし。

いや、それはいつものことだけども。

珍しく早めに退社して観に行ったライブがね、これが最高だったんだよ。(出ました、小並感)

以前に紹介しましたが、カーラジオから流れる、The Spandettesの「Love Me Leave Me」に癒され、心をわしづかみにされたわけです。

その流れで、ビルボードライブ東京の初来日公演のチケットを予約しました。

ch-mage.hatenadiary.jp

■夕飯はチーズバーガー。

観に行ったのは、9月2日の2nd Stage。

カジュアルシートで座席をとりましたが、後から自由席にすりゃよかったと、後悔。(理由は後述)

f:id:ch_mage:20150902204800j:plain

カジュアルシートは、ミュージックチャージにプラス1000円でフードがついてきます。

チーズバーガー・・・写りが悪いですね・・・マンス―、マンスー。

f:id:ch_mage:20150902205700j:plain

六本木の夜景を見ながらの食事。

こんな素敵な空間に一人で来る。

このときほど彼女が欲しいと思ったことはありません。
(嘘さー、年中無休で思ってるさー☆)

まぁ仮にいたとしても、音楽で彼女のことなんかそっちのけになるよね、じゃあいいじゃん、いなくても。
(半分、嘘さー☆確かに音楽には夢中になるけど!)

この日は、途中までクルマで来ていたこともあり、アルコールは抜き。

烏龍茶で(一人)乾杯しました。

ま、あとで音楽でハイになれるから、問題ないでしょう。これがほんとのウーロン・ハイ!なんつって。

・・・正確には音楽でハイになるので、ウーロン関係ないね。

■待ってました!The Spandettes登場!

f:id:ch_mage:20150902204300j:plain

時刻は21:30・・・ついに、The Spandettesが登場!

まずは、バンドメンバーからステージにあがります。

今回はホーンセクションは来日しておらず、バンドの編成はドラム、ベース、キーボード、それにギター(スペシャルゲスト)でした。

そして、ヴォーカルの3人を迎え入れます。

ステージ上手から、Lizzy、Maggie、Alex。

Lizzyは白のスーツ、Maggieはスパンコールでキラキラ、Alexはブラックのシースルーのドレスでした。

素敵ー☆

ここで残念なお知らせ。

一曲目がなんて曲だったか忘れた。

記憶がぶっ飛んでる・・・;

■グルーヴィー&ハーモニー

今回のライブは、フルバンドではありません、

それでも、彼らのプレイはグルーヴィー。

現代のフリーソウルと呼ばれるのも納得。

そして、コーラスワークも、すばらしかった。

Alexは甘く、Maggieはしなやかに、Lizzyは力強く、そして、ときに繊細に・・・。

三人の声が重なって、聴こえてくるハーモニーが、とても心地よいわけです。

曲中の振り付けもSo Cute!!でしたよ。

以前、スティービー・ワンダーのコンサートに行った時もそうだったけど、海外のアーティストって、ダンサーじゃなくても、結構ノリノリで踊るんだよね。

それがまた、カッコよいし、またかわいくもあり。

この日は発売されたばかりの最新作、「Sequin Sunrize」から、多くプレイしてくれました。

もともとの楽曲がいいのもあるけど、それを生で聴けるんだから、やっぱ最高だね!

その場にいる、という空気感も含めてライブなんだよねぇ、と改めて実感しました。

ライブレストランは入れ替え制なので、1ステージが40~50分程度。

限られた時間の中で、Hunk Of Heaven、Dig Deeper、Automatic(すごい盛り上がった。)、Love Me Leave Me、Sweet & Saccharineなどなど、絶対聴きたい!と思っていた曲を聞くことができたのもまたうれし。

あれ、一曲目Hunk Of Heavenだったかも?やっぱ違うかも(笑)やっぱり記憶はぶっ飛んでる。

ショーの中盤では、ヴォーカルの3人が、自由席フロアをぐるりと回ってハイタッチしたり。

いいなぁ、自由席にすればよかったなぁ、と思ったのはこのとき。

カジュアル席は、価格がお手ごろだけど、2階席のような位置なので、ステージからはちょっと距離があるんです。

あぁ、自分がゴムゴムの実の能力者だったら良かったのに!!

ヨガ!!とか行って強Pで腕が伸びたらよかったのに!!

・・・と、楽しい時間は本当にあっという間に過ぎ、アンコールになっていました。

アンコールで、この日最後の曲となる「Sweet & Saccharine」まで、濃密なライブを楽しませてもらいました。


The Spandettes - Sweet & Saccharine (Acoustic ...

■I wanna see The Spandettes again!!

ショーのあとにサイン会があって、3人とちょっとだけ話ができたんです。

Twitterでリプのやり取りしたことを伝えたら、「Twitterネームは?」って聞かれて。

「シーエッチ、メイジ・・・」(さすがにあれでチョンマゲは無理があるって分かってるw)

と伝えたら、「知ってるわ!会えてうれしい!」って。

お世辞かもしれないけど、すごくうれしかったなぁ。

Maggieに、またSpandettesのショーを見に来たいよ^^って話してたら、「私もおんなじよ!またすぐにでも来たいわ。」だって。

中学英語レベル以下でも会話して(もらえて)ることに嬉しさ(とありがたさ)*1を感じつつも、「やっぱもう少し英語話せたらいな・・・」という変な欲求がちょっと湧いてきましたよ。

うーん、Maggieに、真矢みきに雰囲気が似てる」ってボケて、ポカンとさせるくらいの英語を話せたらばなぁ。

で、「アキラメナイデ」って、言ってもらえたらなぁ。なんつって。

そして最後に「Have a Good Night!」と告げて、六本木を後にしたのであります。

f:id:ch_mage:20150903011000j:plain

クルマの中で反芻してた。

■世界をちょっとだけ近くに感じたよ。

へたくそな英語でも、なんとかなるっていいね。

あと、Twitterって思った以上にすごい。

リプが返ってくるとは思ってなかったけど、何より、本当に見てくれてるんだなぁ。

僕の好きな「今会えるアイドル」は会いにくくなってしまったけど、「いつでも会えるとは限らない外国のミュージシャン」とこんな風に接点を持って、近くに行って話して、少しでも同じ時間を共有できるなんて。

今まで30年生きてきたけど、そんな感動は初めてだったな。

この夜を境に、価値観がすごく変わった気がする。

今頃、彼らは空の上だろうか?

またThe Spandettesに会えることを願っている☆

soundcloud.com

スパンコール・サンライズ

スパンコール・サンライズ

スパンデックス・エフェクト

スパンデックス・エフェクト

*1:と、心強さと