読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

ふつうに良かった映画「ジャージー・ボーイズ」「拳銃と目玉焼」「フル・モンティ」

観に行った 買ったもの 今週のお題

今週のお題「ふつうに良かった映画」

■なんだよ、ふつうに良かった映画って・・・むずかしいな。

ま、フツーに考えて、自分の中でよかった映画、他人の評価は関係なし、ってことでいいのかな?

普段あまり映画を観に行かないんだけど、お勧めしたい映画が3本ほどございますので。

■1本目:ジャージー・ボーイズ

はい、これは昨年9月頃に観に行った映画です。

監督は、クリント・イーストウッド

クリント・イーストウッドって、もう僕の中では、「ダーティなハ・・なんとか」でしょ?という、あまりにも時代錯誤なレッテルを貼ってしまってるんですけども。

クリント・イーストウッドって、結構映画撮ってるんですよね。見たことないけど、ミリオンダラー・ベイ・・・ベイマックス?(違う)

あとは、見たくて見てない、「グラン・トリノ」とかね。

おや、少ないけれど、意外と知ってる?

いやいや、自分の映画知識レベルは「東映まんがまつり」で止まっているレベルさ。

さて、この、ジャージー・ボーイズ。

もともとはブロードウェイ・ミュージカルだったものを、映画化した作品。

ビートルズ以前にヒットを飛ばしたグループ、「フォー・シーズンズ」の物語。

グループの成功から、活動停止、そして再会までを描くんだけども・・・

■ここがすごいぜジャージー・ボーイズ!

まず、キャスト。ほとんどが、舞台「ジャージー・ボーイズ」でも演じていた。

舞台で演じていたキャストが、ガチンコで映画の中でも歌うんだ。

舞台で何百回、何千回と歌われてきた歌だから、「映画のために、半年くらい練習しました」というのとはワケが違う。

やはり、フォー・シーズンズのフロントマン、フランキー・ヴァリを演じたジョン・ロイド・ヤングの歌声が素晴らしい。

彼の歌声は、最初に聴くと、少し異質に感じるかもしれない、けど、劇が進むうちに、彼の歌を聴きたくてたまらなくなる。


映画『ジャージー・ボーイズ』予告編(ロングバージョン)【HD】 2014年9月27日公開 - YouTube

そしてもちろん、演技も最高だ。

ぶっちゃけ、英語はよくわからんので、字幕で見るんだけども、表情や空気感というのはひしひしと伝わってくる。

キャストの演技や、随所に散りばめられた珠玉のヒットナンバーが映画を盛り上げるのはもちろん。

だが、さらにすごいのが、この映画はほぼノンフィクションだということ。

実際のグループの光と闇が見事に描かれている。

そして、誰しもが一度は聴いたことがある、「君の瞳に恋してる。」*1の裏には、本当に悲しいストーリーがあったなんて!!

↓ちなみに、ボーイズ・タウン・ギャングのはこれ。


Boys Town Gang - Can't take my eyes off you - YouTube

↑お、バックダンサー、ヴィレッジ・ピープル?・・・違うな。

劇場で見て、さらにブルーレイまで買ってしまいました。ブルーレイ・が待ちきれなくてサントラもね。

車の中で聴いてるんだけど、サントラもこれまたオススメなので、ツタヤなどで見かけたらこっそり借りてみてください。

■2本目:拳銃と目玉焼

これは、以前にも書いたのだけども、街のビデオ(撮影)屋さんが、マジでヒーロー映画を撮っちゃった!

俺も含めた「くすぶり中年」のみんな、【拳銃と目玉焼】を観に行こうぜ!(若干ネタバレあり) - まるでちょんまげハリウッド


「拳銃と目玉焼」劇場公開用予告編 - YouTube

見てよ、このYoutubeのさ、右側のさ・・・なに?オーマですか?パウッ!パパウッ!って光線発射するんですか?

しません。

使用するのは改造銃でございます。

ヒーロー映画、と書くと、子供向けかな?と思われがちですが、これは間違いなく、「いい歳してヒーローになりたいおっさんのためのヒーロー映画」

スーパーな力を持つわけでも、特殊なスーツで身体能力が強化されるわけでもない。*2

そして、何より報われない。このヒーロー、報われないんだ。

低予算映画?すっかり忘れてた!

ストーリーは、過去記事を読んでいただきたいところではありますが、端折って説明しますと、さえない中年男性が、喫茶店の女の子に惚れちゃった。でも、いつも明るい彼女には、とても後ろめたい事実があり・・・そして、イケメンの彼氏もいる。

クライマックスでは、その後ろめたい事実のために、イケメン彼氏がちょっとした行動を起こすんだけども、失敗して、物語の「敵役」たちにつかまっちゃう。

中年のおっさん、「彼女」が好きだから、イケメン彼氏を助けに行くんだけどさ・・・。

f:id:ch_mage:20141104231000j:plain ものっそい低予算で作られた映画とは思えないほど、ちゃーんと「映画」してます。これは、多分に監督・脚本・演出・照明・美術・小道具作成etcを手掛けた、安田淳一監督の才能によるものかと思います。

ただ、この映画は限られた期間、限られた映画館でしか観ることができず、しかも現在、ソフト化の目途も立っておりません。

観たい!というひとの熱い情熱があれば、もしかしたら!?奇跡が起こるかもしれません。

上映可能なスクリーンがありましたら、ぜひとも監督のツイッター宛にご連絡を!と願う次第でございます。

■追記:ソフト化されます!!

レンタル&発売開始です!やったー!!

拳銃と目玉焼 [DVD]

拳銃と目玉焼 [DVD]

■3本目:フル・モンティ

今でも忘れられない映画を一本、と言われればこれだね。

舞台はかつて鉄鋼業で栄えた街、シェフィールド。

主人公のガズは、元妻から、親権を単独親権にするといわれていた。

失業中のガズが共同親権とするには、700ポンドを支払わなければならなかった・・・と、まぁ、wikipediaみたら大体わかるから割愛。

フル・モンティ - Wikipedia


フル・モンティ (The Full Monty) - YouTube

ストーリー、キャラクターももちろん、要所要所にこめられたファニーなシーン!!

調べたら、アカデミー作曲賞やら、英国アカデミー賞やら、あらら、いろいろ獲得してるんだねー。

親子の物語であり、友情の物語であり、夫婦の物語であり、男×男の・・・おおっと・・・。

最後まで観たら、絶対に映画の後日談が気になること間違いなし。

映画の登場人物たちに感情移入しまくりです。

なお、このフル・モンティは舞台にもなっております。

ジャージー・ボーイズが舞台から映画だったことを考えると、こちらは映画原作で、舞台化ですね。

その、舞台版フル・。モンティ。実は日本でも上演されました。

そのときのメイン・キャストはなんと山田孝之!!

■番外編:ホットファズ

何度見ても笑えるけれど、グロシーンも少しあるので番外編として書き記すよ。

監督は、ショーン・オブ・ザ・デッドでおなじみ(?)エドガー・ライト

いやー、とにかくバカバカしい。

先にちょっとネタバレしますが、物語ラストの20分くらい前までが、すべて前フリです。

でも、見どころは多いよ!特に、ラストに待ち受けるガン・アクション。

映画「処刑人」とか好きなら、はまるぜぇ*3

主人公はエンジェル警部。

超優秀な刑事だったが、優秀すぎて周囲の反感を買ってしまい、英国一のどかで平和な田舎町に左遷されるところから物語は始まる。

素晴らしい村オブザイヤーにも輝くど田舎に赴任したエンジェル警部。しかし、その村では不可解な死亡事故が発生する・・・。

不審に思ったエンジェル警部は一人操作を進め、ある事実にたどり着く・・・いや、たどり着いたはずだった。

が、真相は全く別物だった・・・。

イギリスらしい?しょーもない、下ネタ、ジョン・ウーばりの二丁拳銃アクション(をするおばあちゃん)や、これまたジョン・ウー作品ではおなじみの鳩・・・の代わりに白鳥が!

最後の20分間の爽快感のためだけに見る映画、といってもおかしくない。

それでも何度だってみてしまう。とても中毒性の高い映画です。

なお、この作品は日本公開のために、2000名を超える署名運動が行われております。

それだけ、ファンの多い作品でもあります。

とにかく笑いたいなら、この一本を。


Hot Fuzz Trailer 日本語字幕 - YouTube

おかしいな、あんまり映画に詳しくないはずなのに、意外とオススメできる、フツーによかった映画が多いぞ。

*1:ボーイズ・タウン・ギャングのほうが有名か?

*2:防御力と見た目の威圧感はあがりますが

*3:多分