読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

なぜ自分はこうも怠けてしまうのか?怪盗☆給料ドロボー

WEBプログラマー プログラミング 道徳の時間 ライフ八苦

■あぁ、めんどうくさい。

人に変わって、面倒なことをするのが仕事だというのは、十分に、十二分に承知しているのですが。

それにしても、なぜこんなに面倒なのでしょうか。

プログラムを・・・ソースコード(しかも人が書いたもの)を見て、不具合箇所を見つける、単調な試験など・・・もう、考えただけであくびが出ます。

そして、上まぶただけに、地球の何倍もの重力がかかります。

あぁ、眠い。

■でも、お仕事だから・・・。

そうなのです、お仕事です。

わかっています。

でも、面倒くさいのです。

給料ドロボー!!言われても仕方ありません。

一体なぜ、僕は給料ドロボーと化してしまうのでしょうか。

面倒なとき、そうでないとき、眠くなる時、ならないときには、何か原因や理由があるはずなのです。

この原因さえ掴めれば、たとえば「面倒なとき」を、どうにかして「面倒でない」状態に変えることも出来るはずなのです。

photo by Paolo Margari

■面倒 OR NOT 面倒を仕分けしましょう。

面倒なとき、眠くなるときというのは・・・

  • 作業がクソ単調。
  • やれば出来る作業なんだけど、ちょっと時間がかかる。
  • 超簡単な作業。ものの10分くらいで終わるミニタスク。
  • 「いつまで」という期限がない。
  • 作業完了がいつなのか、ゴールが見えていない。

こんな作業をしているときは、「目を開けていること」のほうが、よほど重労働に感じられます。

逆に、面倒でない仕事というのは、どんなもんでしょうか?

  • やることがはっきりしている。
  • 終わりが見えている。
  • 自分の興味がある仕事。

おっと、たったこれだけでした。

仕事が難しいとか、そういうのは関係ないみたいです。

■クソ単調な作業について、どうするか。

クソ単調な作業ばかりやるから、眠くなるのかとも思ったり。

例えば、プログラムの試験などは、試験仕様書があれば、ある程度まで進める→やめて違う仕事。

ある程度進めたら、また試験の続き、みたいにマルチタスクにしてみるのはどうだろうか。

ただ、このやり方は、時間の管理ができないと、ドツボにはまりそうな気もする。

photo by jesse.muller

■やればできるけど、ちょっと時間のかかる作業について

これはもう、ぶっちゃけやる気の問題だなぁ。

うーん。

やれば出来るんだもの、やらないからできないの。(そりゃそうじゃbyオーキド)

やる気を出す、出さざるを得ない状況に置いてみる。

・・・というのはどうか。

あえて、納期ギリギリまでやらない。

Mt.カチカチのたぬきのように、多少煙いくらいでは動じない、強い心が必要だ。

そして、このやり方も、納期ギリギリで大やけどしそうな気がする。

かちかちやま (世界名作ファンタジー14)

人とあう約束を入れてみるってのもいいかもしれない。

しかも、重要な約束を。

そうすると、その日はもう早く帰るしかなくなるから、嫌でも頑張らなくちゃならない。

■超簡単な作業、ミニタスク。

実はこれが、すごくダルイ。

かったるいのだよ。

すぐできちゃう、じゃあ今はやらなくてもいいや。

となることが多く、それがチリツモになって、気づけば結構なタスク量になっており、余計に面倒に感じたりもするのである。

うひゃー。

このミニタスクを着実に処理できない人。

多分、君の部屋は汚れているだろう。

もちろん、私もだ。

10分程度の作業、我慢して、エイヤ!と、乗り越えてみる。

たった10分、いや、5分でもいい、この作業を処理できると、生活はガラリと変わるはずだと思っている。

あと、不思議なことに、とりあえず5分と思ってやってると、勢いがついて、それ以外の仕事まで取り掛かれたりするんだよなぁ。

だからといって、それ以上に頑張ったりはしないけど。

■期限のない仕事について

時が来るまでやるな。

ケツに火がついてからでいいよ、もう。

納期がないんだから、やる気出ないんだよ。

積極的に、「ヨーシ、オジサン、ガンバッチャウゾ!」と積極的に「いつまでにやろう!」とはならない。

そんなやる気が出てたら、全部解決しとる。

以上。


■やる気のなさが露わに。

こうして解決策を考えてみたものの、建設的なものはまるでない。

いや、やろうと思えば出来るはずなんだよ。

作業を細分化して、一つ一つの達成感を糧に前に進む、みたいなさ。

そういうライフハック的なものが。

ただ、そういうリストを作るのが面倒なんだよなぁ。

・・・と、いうことで、付箋を活用してGTD的なことにとりかかってみる。

photo by endii33 | Photography

■3分タスクリスト

これは、毎朝やるより、1日の終わりにやるほうがいいかもしれない。

用意するもの:

  • ふせん
  • ボールペン

以上。

やること。

1.明日やることを付箋に書く。
2.PCに貼る。

終わり。

本当は、もっと細かく、何時に、何時までに!とか書いたほうがいいと思う。

でも、そこまでやる気出したら3分で終わらない。

あくまで、翌朝、何をやるか瞬時に思い出すための方法として活用する。

「ふわぁ、だりー・・・」となる隙を与えないためにな。

もちろん、終わったタスクは即時ゴミ箱だ。

振り返りはしない、とりあえず。

1、2、3

1、2、3

・・・うむ、今日はブログ更新するので疲れたから、明日から実践しようか。

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣