読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

「そうだ、職業訓練校に行こう!」(通学編2)28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。その13

転職 文系 WEBプログラマー 未経験 ハローワーク 28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。 職業訓練

前回のお話。

晴れて職業訓練校の面接に合格した、俺やで!! ということで・・・

ちょんハリ師匠がー・・・

訓練校のオリエンテーションに行ったら~・・・

ギラギラしたおじいちゃんを~・・・

見つけた~・・・

(↑下条アトム風で。)

f:id:ch_mage:20131230140658j:plain

2010年7月 平塚で。

その男は、職業訓練校、5階教室後方の席に座っていた。

年齢は・・・ぱっと見た感じではわからない。
風貌だけ見ると、還暦は回っているのではないか?と思えるくらいの

老け方。

そして、頭頂部は、

はげていた、いや、はげ散らかしていた。
むしろ、散らかされ、もてあそばれていた?

とにかく、ひどい有様だった・・・気がする。

あぁ、いかん。
後々分かるキャラクターがあまりに「あんまり」だったので、記憶の捏造がされているのは否めない。

おぼろげな記憶を頼りにまた下手くそな絵を描いたんだ。

f:id:ch_mage:20140109223200j:plain

第一印象は、パラレルワールドのムツゴロウさん。

そう、ムツゴロウさん。
ムツゴロウさんの狂気を違うベクトルで発揮した感じ。

・・・絶対伝わらないけど、もう、そう書くしかないんだ。

果たして、こんなおじいちゃんが、WEB技術を習得できるのか? と、疑問に思ったが・・・

まだ訓練校はオリエンテーションが始まったばかり。
おじいちゃんのキャラクターを見抜けていない俺はこう思った。

やる気があれば、年齢なんてカンケーないんだな。

って。

今、あの時に戻れたら、自分に言い聞かせたい。

「そのおじいちゃんには気をつけて!!」と。


オリエンテーションを終え、訓練校生活がついにスタート、とおもいきや、 初日は、「行ってきたよ」という報告をハローワークまで報告しなくてはならないらしい。

9時に集まって、学校を出たのは昼前ころだったか。

7月の平塚。

7月の平塚といえば!!

何かを思い出した自分。

そう、平塚では関東三大七夕祭りの一つに数えられる、「湘南ひらつか七夕まつり」が行われていたのだ!!

七夕祭りは、職業訓練校とは線路を挟んだ反対側、商店街で行われていた。

94年から神奈川県に住んでいるが、一度も訪れたことのなかった「七夕まつり」。

しかし、俺は無職。
しかも職業訓練生。そんなうかれ気分でいいのか?

いいわけがない!!

・・・。

「・・・ちょ、ちょっとだけ寄り道。」

これである。
葛藤する時間はなかった。

駅のコンコースを抜けて、アーケードへ。

「これが、平塚の七夕かぁ・・・。」

初めて見る七夕飾りに目を奪われる。

完全に、「浮かれ気分でロックンロール」状態。

そして、あろうことか俺は、

「・・・ちょ、ちょっとだけ寄り道。」

あれ?デジャヴかな?同じセリフをさっき吐いたばかりだよ?
誰に言い訳をしているのか分からないが、気づくと屋台で買ったビールを片手に商店街を歩いている。

左手にビール。

右手が寂しく感じた。

300秒もしないうちに、屋台で焼き鳥を買って頬張っていた。

無職が!!

訓練校帰りに!!

夏のまっ昼間からビールを飲む!!

焼き鳥を貪り食う!!

うまくない訳がない!!


30分後。

完全に出来上がっていた。

3杯目のビールの紙コップを捨てるところで、ようやく思い出した。

あ、ハローワーク行かなきゃ・・・。

赤ら顔の無職は、千鳥足でハローワークへと向かった。

次回:ジジイ、テメーはやってはならないことをやってしまった!