読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

「はじめての基本情報技術者試験」 28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。その8

基本情報技術者 28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。 未経験 WEBプログラマー 文系 転職

前回から半月が経ち、4月になっていた。

ついに、ようやく、やっと!!!

晴れて自由の身。

先に脱出退職していた、元同期からは

「おつとめ、ご苦労様でした。」

と、声をかけられる始末。

そんだけひどい会社だったんだなー。

そりゃそうか、俺が入社してから退職するまでにやめてった人間、二桁いるもんな。
俺より後から入ってきて、やめていく、もしくはやめさせられた人もいたもんな。
早い人は、来て3日でクビだった・・・。

あと、○○が燃えて、ボーナス出なかったり。

思い出しながら書いてるけど、

・・・ブラック企業じゃね?

4月1日。

完全に、自由の身。

3月とはまた違った、解放感。

こんな清々しいことって、世の中にあるんだね?

こんな清々しさを味わえるなら、そのために就職→退職してもいいよ・・・。
・・・もろちん嘘だけど。(エイプリルフールだよ)

もう、俺の仕事は完璧に例のDQN新人君に任せた。

発つ鳥、後を濁さず。

それが社会人のマナーだ。そうだろう?

f:id:ch_mage:20111231123008j:plain

さて、2月に「基本情報技術者試験」の申込みをしていた自分。

一日3時間は勉強していた(平日のみ)。
無職のくせに、3時間って短くない?
いや、まあそうなんだけどさ、起きてからエンジンかかるまでが遅くって。

・・・しかし、勉強は勉強。
その甲斐あってか、試験まで残り二週間を残し、なんとか過去問、予想問題の点数が、コンスタントに7割を超えるようになっていた。

ちなみに、勉強法は、

覚える → 問題をやる。

これの繰り返し。

しかも、早く、多く、繰り返してやる。

この方法がベストかはよく知らないが、自分には合ってるみたいで、効果はあった。

なぜ「基本情報技術者」を選んだか。

順序がめちゃくちゃだが、そもそもなぜ、この基本情報技術者を選んだかについて書きたい。

1. 「国家試験」だから。

実はこの試験、経済産業大臣が認定し、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が行う、国家試験なのだ。
この試験に受かると、国から「コイツ、情報処理なかなか分かってまっせ」というお墨付きを貰えるのだ。

なぜか、バカボンのパパ口調になってしまったが、国からのお墨付きというのは、侮れない。

ま、独占資格ではないし、IT業界の人間や、情報処理に詳しい人達からは、あまり評価されない(できて当たり前)資格なんだと、後々知るのだが。

2. 「受験料」が安い。

基本情報技術者試験の受験料は、5,000円程度。
基本情報技術者の上位試験に、応用情報技術者試験、データベーススペシャリスト試験などもあるが、こちらも受験料は同じ。

なお、IPA以外で実施される情報処理関連の試験は大体1万円を超える。

基本情報技術者試験は、無職のおさいふにもやさしいのだ。

3. IT「初心者」「未経験」でも頑張れば取れる。

そらそうやで、頑張ったらなんでも取れるがな。人間根性やで!!

そんな声も聞こえてきそうだが、まぁまぁ、落ち着きたまえ、ボイズンガルズ(Boys & Girls)

基本情報技術者試験には、「論述」がない。
回答は選択式なのだよ。
万が一、全く歯がたたない問題が出てきても、手前が持ち合わせる運次第ではマークシートを埋めて、点数につなげることが出来る。

実は、「ITパスポート」という試験もあって、こちらも選択式。
ただ、試験のレベルは大学生や、新社会人がとるようなもので、基本情報技術者の下。
若者がとるならまだしも、こちとらオッサンというサービスの、

マジでキックオフ5秒前。

MK5。

MK5である!!!

なぜ、江田島平八っぽい口調になったかは置いておくとして、「中古社会人」が学生のノリでITパスポートとったら、マスマス見向きもされないんじゃないか。

いたずらに時間を費やし、苦労するだけで終わるだけじゃないか。
一言で言えば、徒労。

なお、IPAで実施される情報処理試験には、特に「この試験に受かっていないと、上位レベルの試験は受けられない」という制約はない。

国家試験で、 受験料もやすく、 経験の無い人間でも「情報処理にちょっと通じている」アピールできる。
経験もない自分に、最適だったのが、「基本情報技術者試験」だったのら。

以上の理由から、基本情報技術者を受けるにいたりました。
をオンにしましたさ。

勝負のときまであと3週間―。

結果は、果たして?
 
 
 
 
 
 
 
 

落ちました。

まさかの、結果を先に書いちゃうパターン!!
だから、タイトルが「はじめての」だったのか!! コンスタントに7割超えてた俺に何があったのか??

次回、「トナリの席のマジキチくん」

ここで、ちょんハリ師匠からのお詫びがあります。
記事中に
「も ち ろ ん」

と書くところ、

「も ろ ち ん」
という下ネタをぶち込んでしまいました。
訂正せずに報告だけいたします。