読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。 「2.日の出前」

転職 文系 WEBプログラマー 未経験 28歳、文系の俺が未経験からWEBプログラマーに転職した話。

リーマン・ショックから、はや9か月。
2009年の6月になっていた。

あれから、社内の人員整理はすすめられ、 事務所の中も、地方営業所も、どこだろうが関係ない。
根こそぎリストラされていた。

俺はというと・・・。

まだ、ぽちぽちやっていた。

親父が死んで1年半が経とうとしていた。

ぽちぽちやりながら、俺は思っていた。

このままでいいのだろうか。

ぽちぽちやっていれば、いいじゃないか。
コネ入社だし。
首の皮一枚つながってりゃいいじゃないか。

イージーに、イージーに、なるべく考えないようにしていたはずなのに、
お世話になった人から切られていく。
申し訳なさ過ぎて、いつの間にか、自分の心はすり減っていた。

それと同時に、いつ切られたって、おかしくないんじゃないか。
いくらコネ入社とはいえ、積極的に赤を出していたんだ。
さすがに、まともではない経営者だって気付くころだ。

そう思いながらも、気づけば11月になっていた。

ここに至るまでに、仕事のパートナーが一人、二人といなくなっている。
それは、退職だったり、配置転換だったり、様々なんだけど、
気付けば「同僚」と呼べる人間は、一人もおらず、
愛想のないバイト君と二人でぽちぽち働くようになっていた。

一人ではないものの、バイト君はバイト君。

10時に来て、17時には帰る。

たまに昼飯をおごることもあったが、「会社にいていいんだろうか、という話はできなかった。
(ちなみに、バイト君はいっこ上なので、正確にはバイトさん)

そして12月のある日、またしても事件が起こる。

上司が車を買った。

それも、中古で10,000千円を超える、高級車だ。
(鈴木雅之・・・)

上司が車を買うくらい、どうってことないじゃないか?

と、思うかもしれない。

だがこの上司は、経営者一族だ。
リストラの陣頭指揮をとっていた。

あれだけリストラを進めていたんだ。 経営状態をよくしようとしていたのでは?

そのお金はどこから出てきたんだろう?
まさか、会社から・・・?
いや、でも、まさか、だが、もしかして・・・
一度土から出た、疑惑の目は、日の光もなしに、ぐんぐん育つ。

俺は、思わず聞いた。

「なんでこの時期に買ったのか?」

曰く、

「我慢できなかった。」

唖然とした。

確かに、個人の金(?)で車を買おうが何しようが、それは勝手だ。
確かに、人を切るということは、精神をすり減らす仕事かもしれない。

ん?人を切る?ちょっとまて、

リストラ、実際にやってたのは、上司じゃないだろ。

「すみません」「申し訳ない」と、(表面上は)言葉を重ねていた(かもしれない)のは、
上司が雇った別の部署の人間じゃないか。

あいつ(上司)、直接手を下してねぇ、手汚してねぇんじゃねぇか・・・?

そう思った瞬間、疑惑の花が開花した。
この上司を、そして会社を信用することができなくなった。

俺は――――

もう、この会社やめよう。

そう思った。 2009年12月になっていた。

退職まであと 3か月