読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるでちょんまげハリウッド

ちょんはり師匠の生きざまを切り売りしています。

イチオシは転職体験記!それ以外は、いい歳したオッサンの反省です。反省はしますが、後悔はしていません。たぶん。

クラブ初心者、フェス初心者にWIREを勧めたい理由 その1

WIRE フェス クラブ テクノ

2013年で開催15回目を迎えた、
国内最大のテクノ・レイヴイベント、

WIRE13に行ってきましたよ。

f:id:ch_mage:20130914182853j:plain

やっぱいいわWIRE。

年に数回しかクラブには行かないし、 フェスも、そんなに行かない自分。

でも、WIREは、テクノ好き以外の、
クラブ・フェスに行ってみたいと思う人にも
とてもおすすめできると思ったので
熱が冷めないうちに書く、の巻。

交通アクセスがよく、会場への移動が簡単。

駅近!!会場まで徒歩5分

まずは、会場へのアクセスのしやすさ。
WIREの会場は、横浜アリーナ。(*

新横浜駅から徒歩5分の距離で、 土地勘のない人でも楽に移動ができる。

最寄駅からの移動距離というのが、実は結構重要で、
駅から離れていると、疲れるばかりか、
その移動時間も含めて行動しなきゃならない。

移動で疲れることほど、アホなことはない。
こんなところで体力使うより、フロアで楽しむために体力を使いたまえよ。

最寄駅に新幹線がとまる。

f:id:ch_mage:20130810133600j:plain

WIRE会場である横浜アリーナ。
最寄駅は新横浜駅。
この駅には、JR横浜線、横浜市営地下鉄が走っていて、
さらに、東海道新幹線も止まる。

関東以西からの遠征の場合でも、
新幹線 ⇒ 新横浜(最寄駅) ⇒ 徒歩5分でWIRE会場の横浜アリーナ

新幹線を降りて、乗り換えをして・・・という面倒な移動がない。

思い切り遊んで始発で新幹線 も可能。

今年は、FUJI ROCK氣志團万博に行った。
もちろん、フェスの規模、その他の事情あるもけど、
どちらも交通アクセスがすごく良い、とは言えないよね。
FUJI ROCK : 最寄駅 越後湯沢 ⇒ シャトルバス ⇒ FUJI ROCK会場(苗場スキー場)
(※さらにお目当てのステージに行くために歩く)

氣志團万博 : 最寄駅 袖ヶ浦 ⇒ シャトルバス ⇒ 氣志團万博会場(袖ヶ浦海浜公園)

じゃあ、都市型フェスのSUMMER SONICはどうなの?

え、だって幕張でしょ?(終了)

と、暴言まで吐いておいて、今後新横浜で開催しなかったらごめんなさい。


屋内のフェスなので、天候関係なし。

f:id:ch_mage:20130915040529j:plain

フェスは大きく分けて二種類です。

屋内か、屋外か。

んなアホな!!と思うかも。

でも、考えてみてよ?
野外フェスには雨天の際の準備も必要になる。

フェスでは傘が使えないところもおおい。
そうなると、長雨にも耐えるレインウェア、
GORE-TEXとかの防水透湿系素材が使われたシューズ、
あるいは長靴を用意しなきゃならない。

荷物が増える、そして準備の資金もかかる。

・・・。

そのお金は、グッズやら、フードに使いなさい!!

と言いたい。
余計な装備にお金がかからない分、
お財布にも優しいのね、WIRE。
(強引な結末。)

次は、WIREの居心地の良さについて書こうかな。

*:過去にはさいたまスーパーアリーナでもやっています。